報恩講のご案内 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

真宗会館からのおしらせ

真宗会館から最新情報をお知らせします。

報恩講のご案内

親鸞聖人のご命日を縁として勤まる、浄土真宗で最も大切な仏事を「報恩講(ほうおんこう)」といいます。仏教の教えによって自らの拠りどころをいただいたことに感謝し、聞法する姿勢を新たにする法要です。

2018年度東京真宗同朋の会報恩講

10月14日(日)10時~14時

■日程

10時00分~開式・勤行
10時40分~法話:海法龍氏(神奈川県・長願寺/首都圏教化推進本部本部員)
12時00分~閉式
12時20分~御斎(おとき:会食)/会費:2,000円

※御斎をご希望の方は、あらかじめ真宗会館へお申込みください。

どなたでもご自由に参拝いただけます。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。