池袋親鸞講座

 

池袋親鸞講座

池袋駅に隣接した会場で、仕事帰りでもお立ちよりいただける平日夜間開催の親鸞講座です。講座では、親鸞の弟子の唯円によって記されたという、親鸞の語録である『歎異抄』をテキストに学んでいきます。鎌倉時代に記された『歎異抄』に語られる親鸞のメッセージは、現代に生きる私たちに何を伝えているのか。
「なぜ私たちは生きるのか?」「自分って何なのだろう?」という人間の問いを、難しい仏教用語をなるべく使わずに考えていきます。

 

テーマ 歎異抄のこころに学ぶ
講師 武田定光 氏(江東区・因速寺住職)
会場 ステーションコンファンレンス池袋Room 1→地図
(池袋メトロポリタンプラザビル12階)
交通 池袋駅(JR線・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線)メトロポリタン口から「メトロポリタンプラザビル」オフィスエレベーターで12階へ
※センターエレベーターをご利用の場合は、8・9・10階でオフィスエレベーターに乗り換え12階へ
参加費 1回 1000円(全8回8000円一括納入可)
定員 100名
開催日時 月1回水曜日 18時半~20時半
① 2015年10月14日 宗教とは何か-歎異抄の魅力-
② 2015年11月18日 「する」仏教から「ある」仏教へ-第8条に学ぶ-
③ 2015年12月16日  信仰のマンネリ化をどう超えるか-第9条に学ぶ-
④ 2016年 1月20日 信仰表現の可能性と異義の正体-第10条に学ぶ-
⑤ 2016年2月17日 南無阿弥陀仏という暗号-第11条に学ぶ-
⑥ 2016年3月16日 知識と信仰の差異-第12条に学ぶ-
⑦ 2016年4月20日 自由と宿業の関係について-第13条に学ぶ-
⑧ 2016年5月18日 人間における罪と救い-第14条に学ぶ-

 

講師紹介

  武田 定光
1954年東京都生まれ。

大谷大学大学院文学研究科博士課程修了。
元親鸞仏教センター嘱託研究員。
江東区 因速寺住職。
お寺で毎月「御命日の集い」「ブッディサロン」など、様々な問題を抱える現代社会において精力的に法座を開く。
著書に『新しい親鸞』『逆説の親鸞』『歎異抄にきく-死・愛・信-』『親鸞抄』などがある。

 

講師からのメッセージ

  この世で自分の居場所をちゃんと持っているひとは幸せだ。自分がこの場所にいていい、そのままのあなたでいいと受け入れられているひとは幸せだ。でも、そういうひとは案外少ない。ひとからの高い評価や世間的ステータスを居場所と勘違いしているひとは多い。たったひとりの人間として生まれたわたし。このわたしが、ありのままに受け入れられる世界が必要なのだ。そんな世界への扉が開かれるような講座でありたいと願っている。 (武田定光)

 

会場マップ

<< 前のページへ戻る