さいたま親鸞講座

 

さいたま親鸞講座

主に埼玉県にお住まいの方々を対象に、JR 大宮駅近辺の会場で開催される講座です。
この講座では、浄土真宗においてよく耳にする、「念仏」「本願」「信心」という言葉をとおして、その意味を学ぶとともに、仏教の言葉が現代まで届き、今を生きる私たちに何をメッセージとして発しているのかを一緒に確かめていきます。

 

テーマ 仏教は私に何をもたらすのか
講師 四衢 亮 氏(岐阜県・不遠寺住職)
1958年岐阜県高山生まれ。真宗大谷派高山教区不遠寺住職。
真宗大谷派「青少幼年センター」幹事。著書に『ワンコインブック「本願」「念仏」「信心」他』『カルトと私たち』『時言』『観無量寿経の教え-仏との出会い』(東本願寺出版部)など
会場 仲町川鍋ビル(埼玉県さいたま市大宮区仲町2-60)→地図
参加費 1回 1000円
テキスト

『ワンコインブック「念仏」、「本願」、「信心」』(東本願寺出版)

 ※当日会場にてお配りいたします
東本願寺TOMOブックからでも購入できます

開催日時 隔月1回 土曜日 14時~16時(全6回)
①. 2016年  8月  6日 念仏-南無阿弥陀仏はおまじない?
②. 2016年10月  8日 念仏-南無阿弥陀仏は出会いのすがた
③. 2016年12月10日 本願-仏様の願い、私の願い 
④. 2017年  2月18日 本願-願いが、力になる 
⑤. 2017年  4月15日 信心-他力の信、自力の信 
⑥. 2017年  6月10日 信心-信心が要(かなめ) 

講師紹介

   

 

四衢 亮(岐阜県・不遠寺住職)
1958年岐阜県高山生まれ。真宗大谷派高山教区不遠寺住職。
真宗大谷派「青少幼年センター」幹事。著書に『ワンコインブック「本願」「念仏」「信心」他』『カルトと私たち』『時言』『観無量寿経の教え-仏との出会い』(東本願寺出版部)など

 

講師からのメッセージ

 仏教と聞いて、どんなイメージを持たれますか。まず葬儀や年忌法要、お墓などにまつわる仏事ということが思い浮かびます。しかしそれなら、仏教は亡くなった方のものであって、生きて今ある私には関係ないような気がしてきます。
 あるいは、キリスト教・イスラム教とともに並ぶ、世界の三大宗教だということもご存知でしょう。でもそれぞれの宗教がどう違うのかも、そもそも宗教というものがよくわからないということもあるでしょう。
 およそ2500年前にインドで釈迦が説き、ガンダーラ(パキスタン)やバーミヤン(アフガニスタン)を通り、シルクロードを東にたどり中国・朝鮮半島を経て日本まで伝わった教えだということも知っていることです。
 ただ、仏教は私にとっていかなる意味を持つのかよくわからなくても、よほど大切ことがあるから、この長い年月、日本までの途方もない距離を伝わってきたに違いありません。
 言葉が違う人たちにも、異文化で生きる人にも、仲の悪い隣国にも、このことだけは相通じ、ともに大切にできることだから、「是非ともあなたにも」と伝え伝わってきたのです。それを何よりも大事なこととして受け取った人、親鸞聖人。その親鸞聖人が語られる仏教の言葉「念仏・本願・信心」を手がかりに、仏教は私にとっていかなる意味を持つのか。私に何をもたらすのかを考えてみたいと思います。どうぞご参加ください。

会場マップ


大きな地図で見る

<< 前のページへ戻る