一楽 真 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

講師紹介

首都圏で開催されている講座の講師紹介

一楽 真

1957年、石川県生まれ。
大谷大学文学部真宗学科卒業
大谷大学大学院博士後期課程満期退学(真宗学専攻)
現在、大谷大学教授。
著書に、『真宗入門 親鸞聖人に学ぶ』
『この世を生きる念仏の教え』(東本願寺)『大無量寿経講義-尊者阿難、座より起ち-』(文栄堂)『四十八願概説-法蔵菩薩の願いに聞く-』(文栄堂)『親鸞の教化―和語聖教の世界―』など多数。

新宿親鸞講座

一楽 真

メッセージ

『仏説観無量寿経』は『仏説無量寿経』『仏説阿弥陀経』と合わせて「浄土三部経」と呼ばれます。阿弥陀仏とその世界である極楽について、釈尊がお説きくださった経典であります。その中の『仏説観無量寿経』は、息子の阿闍世に裏切られた韋提希夫人に対してなされた説法です。憂い悩みの中から韋提希は自らの救いを求め、釈尊の教えに改めて出あいます。そして、阿弥陀仏の世界が、自分だけでなく未来の衆生をも救うことに気づいて行くのでした。
今回は、阿弥陀仏とその世界を観る方法が具体的に説かれている部分を読みます。それを通して、現代を生きる私たちと阿弥陀仏がどのように関係しているのかを尋ねたいと思います。  (一楽真)

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩