三橋 尚伸 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

講師紹介

首都圏で開催されている講座の講師紹介

三橋 尚伸

真宗大谷派僧侶・産業カウンセラー・メンタルレスキュー協会会員・医療リスクマネージャー、日本カウンセリング学会会員。

企業・公官庁・医療・宗教関係などでの研修や講演の他、個人のカウンセリングも行っている。また、病院では医療従事者をはじめ、患者・家族のカウンセリングを行いながら、病棟のラウンドや法話会を実施。主な著書に、『「病」を包むお見舞い言葉』(講談社)、『死で終わる命はない』(ぷねうま社刊)など。

多摩親鸞講座

三橋 尚伸

メッセージ

日頃、世間の価値観だけで生きている私たちは、「生まれて当たり前」「生きていて当たり前」と思って日々を送っています。これらの『当たり前という日常』が病気や死によって破られた時、初めて本当のことに気付き、驚き、狼狽します。

 そもそもあなたは、人間に生まれたことを喜んでいますか?それは自分にとって都合の良い状態が得られている時だけの喜びではありませんか?その喜びは、ほんの小さな縁のはたらきによって、簡単に苦しみの生に変わり、虚しい時間の連続になり、自分が「今・ここに・ある」ことが受け入れられなくなることもあるのです。

 あなたの大事な時間を、今までのように時間だけの、あるいは仮の虚しい時間で過ごすのは、あまりに勿体ない話です。一度きちんと立ち止まって、「生まれたこと・病気等の障害に出遭う事・死ぬこと」を、仏教と心理の視点から考えてみませんか?この講座は学問としてお話しするのではなく、臨床現場から教えて頂いたことを交えてお話する予定ですので、どなたでも気軽にご参加でき、これからの人生の考え方や対人関係のヒントにもなる「どの時代にも新鮮な仏教の価値観」での時間として、皆様とご一緒に過ごせますようにと願っています。

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩