四衢 亮 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

講師紹介

首都圏で開催されている講座の講師紹介

四衢 亮

1958年岐阜県高山生まれ。真宗大谷派高山教区不遠寺住職。
真宗大谷派「青少幼年センター」幹事。著書に『ワンコインブック「浄土」・「往生」・「他力」ほか』『カルトと私たち』『時言』『観無量寿経の教え-仏との出会い』(東本願寺出版部)など

さいたま親鸞講座

四衢 亮

メッセージ

仏教あるいは宗教に何を求めますか。よく「救い」とか「救われた」と言われますが、どういうことが救いなのでしょうか。私の願い事がかなうことが救いでしょうか。大学に合格することを願い、それがかなうことが救いなら、その裏では他の誰かが落ちることが救いということになります。逆になることもあり、誰かの合格のために、あなたが落ちることが救いになるでしょうか。
他者に関係がなく、自分の願いがかなうということもあるでしょう。でもその願がかなえば、他の願いはないのでしょうか。欲と願いにはきりがありません。…このように考えてみると、宗教的救いというのは、周りや裏側、他者のことがわからなくなったり見失う、極めて個人的世界に閉じこもることのように思えます。「救い」とは、わかっているようでどうもはっきりしません。仏教の基本的な言葉を手がかりに、仏教の救いとは何か。仏教は私たちに何をもたらすのかを尋ねてみたいと思います。(四衢 亮)

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩