木越 康 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

講師紹介

首都圏で開催されている講座の講師紹介

木越 康

1963年生まれ。大谷大学真宗学科卒業。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学(真宗学専攻)。私学研修福祉会国内研究員、大谷大学短期大学部助手、同学短期大学部専任講師、同学文学部教授を歴任。現在、大谷大学学長。
主な著書(共書)に、『キリシタンが見た真宗』(東本願寺出版部)『仏教とキリスト教の対話』(法蔵館)『正像末和讃を読む』(東本願寺大阪教区)『ブッダから親鸞へ-ブッダ入門編』(湾岸親鸞講座事務局)など。

湾岸親鸞講座

木越 康

メッセージ

親鸞の主著とされる『教行信証』を読みます。『教行信証』は、悪人と愚者に向けて書かれた仏教書です。自己中心的生き方を止めることができず、欲望の海に沈没し続ける人間。そのような人間(凡夫)に徹底して寄り添い救済を追い求めた親鸞は、ブッダの教えの核心、人間救済の究極を、「阿弥陀仏の本願」にあると見出しました。
 「宗教なき時代」と言われた現代。しかし宗教は、今も人間と密接な関係にあり、未来の鍵さえ握っていると言えます。現代社会において宗教はどのような光を放ち、親鸞思想はどのように力を発揮するのか。
 「序説としての「現代と宗教」(6回)」の後、「親鸞の『教行信証』を読む(18回)」に入っていきます。

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩