藤原正寿 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

講師紹介

首都圏で開催されている講座の講師紹介

藤原正寿

1963年、石川県生まれ。大谷大学大学院文学研究科博士後期課程満期退学。真宗大谷派親鸞仏教センター研究員、真宗大谷派教学研究所所員を歴任。専攻は真宗学・親鸞の思想研究。共著・論文に『書いて学ぶ親鸞のことば―正信偈』(監修)『キリシタンが見た真宗』『清沢満之-生涯と思想-』『現代における真宗 の人間像』など。

丸の内親鸞講座

藤原正寿

メッセージ

 現代を生きるわたしたちは、知識やスキルを身につけることが大切だという教育を受け育ってきた。子どもの頃から競争社会に身をさらされ、成果をあげることこそが人生における成功であるという価値観を植え付けられてきた。しかし今や、AIに象徴される技術進化によって、容易に成果をあげることによる達成感を得られなくなり、人間の価値が根底から問われるようになってきた。

仏教は、釈尊以来人間とは何かを問い、私たちが文明の進化と呼んできたことがらを、むしろ本当に大切なものを見る感性の衰弱であるという智慧を示し、現代を明るさが進んだのではなく、闇が深まったと教える。仏教が提示する人間の意味とは何か、生きる意味とは何かを確かめていきたい。

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩