オンライン版 新橋親鸞講座

オンライン版 新橋親鸞講座[全3回]

昨年まで新橋駅近くの貸会議室を会場に行っていた親鸞講座ですが、今年度はオンラインで開催といたしました。インターネットweb会議システム「Zoom」を用いた講義となります。全国各地どこにいてもつなぐことが可能ですので、これまでのご受講生以外の方でもこの機会にぜひご参加ください。

講座詳細

手に力が入り、忙しい毎日、月に一度「親鸞」を学んでみませんか?
和讃は、仏教讃歌の一つで和語による讃歌です。親鸞は人々に、仏の教えにやさしくふれることができるよう、数多くの和讃を制作されました。
お経に説かれる仏の教えをよりどころに、自らの姿を確かめられた親鸞。その難解なお経(漢文)のこころを尋ね続け、あまねく人々を「われら」としてともに歩まれたのが親鸞なのです。

オンライン版 新橋親鸞講座

講師 一楽 真(大谷大学教授)
会場

Zoom

<Zoomご利用方法>
ウェビナー参加時のZoomのご利用方法についてはこちらをご覧ください。

テーマ

親鸞の和讃を読む

参加費

3回 3,000円 (一括振り込み)

テキスト

『親鸞和讃集』(名畑 應順 著)岩波書店 1,400円+税
※受講にあたってテキストとして使用します。各自インターネット通販などでお買い求めください。
https://www.iwanami.co.jp/book/b270455.html

定員

定員最大300名

開催日時

全3回(月1回・金曜日) 19:00~20:30
※18:00からZoomのお部屋を開場いたします。
 
第1回 和讃製作の願い   2021年4月30日(金) 
第2回 浄土和讃の位置   2021年5月28日(金)
第3回 「大経和讃」を読む 2021年6月18日(金)

講師メッセージ

 親鸞は500首を超える和讃を作りました。和讃は当時のはやり歌の形式を取りながら、仏教の世界を歌い上げたものです。和讃を声に出して唱え、その響きを耳から聞けば、仏の教えが語りかけてきます。おそらく親鸞は、文字の読めない人にも、仏の大事な教えをとどけようとしていたと思います。新橋親鸞講座では、数年にわたって「浄土和讃」を読んできました。この1年は中止という状況でしたが、あらためて親鸞の和讃を読みたいと思います。以前と重複する部分もありますが、今回は「大経」のお心を歌った和讃を聞いていきましょう。

参加までの流れ

①お申し込みフォームから申込
当ページお申し込みフォームからお申込みください。
お申込みが完了しましたら自動返信メールを送信いたします。
※自動返信メールが届かない場合はご連絡ください。
 
②参加費のお支払い
自動返信メールに記載の振込先に参加費を送金してください。入金が確認でき次第1週間前後で、メールにてその旨とZoomセミナールームURL(アドレス)をお知らせいたします。
※振込手数料は受講生の皆様ののご負担となります。ご了承ください。
 
③テキスト『親鸞和讃集』を各自でお買い求めください。

④Zoomアプリをインストール
本講座は、インターネットweb会議システムZoomを使って配信いたします。スマートフォン、タブレット、またはパソコンにZoomアプリを事前にインストールしてください。ウェビナー参加時のZoomのご利用方法についてはこちらをご覧ください。
 
⑤当日参加
入金確認時にお送りしたZoomセミナールームURLをメールでお知らせしますのでそちらからご参加ください。
Zoomセミナールームは18:00から開場いたします。

申し込みはこちら

講師 プロフィール

一楽 真

一楽 真(大谷大学教授)

1957年、石川県生まれ。
大谷大学文学部真宗学科卒業
大谷大学大学院博士後期課程満期退学(真宗学専攻)
現在、大谷大学教授。
著書に、『真宗入門 親鸞聖人に学ぶ』『この世を生きる念仏の教え』(東本願寺出版)『大無量寿経講義-尊者阿難、座より起ち-』(文栄堂)『四十八願概説-法蔵菩薩の願いに聞く-』(文栄堂)『親鸞の教化―和語聖教の世界―』など多数。