Q.いろいろな形態の数珠がありますが、東本願寺の場合の正式な持ち方を教えてください。 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

よくあるご相談

Q.いろいろな形態の数珠がありますが、東本願寺の場合の正式な持ち方を教えてください。

A.数珠の形態は一連と二連の2種類が基本です。

持ち方は、左右どちらかの手の親指と人差し指の間に数珠をかけ、もう片方の手を通し合掌します。位置は胸の前あたりに両手がくるようにします。一連と二連の持ち方の違いはイラストをご参照ください。

Q1