古田 和弘 | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

講師紹介

首都圏で開催されている講座の講師紹介

古田 和弘

1935年京都府生まれ。大谷大学文学部仏教学科を卒業後、大谷大学教授を経て、九州大谷短期大学学長となる。現在は、大谷大学名誉教授、九州大谷短期大学名誉学長。専攻は仏教学(中国仏教)特に涅槃経を研究する。著書に『宗祖親鸞聖人に遇う』『涅槃経の教え』『正信偈の教え』(上・中・下)などがある。

仏教学講座

古田 和弘

メッセージ

 仏教には多数の経典が伝えられています。いずれの経典も、釈尊が明らかにされた真実にてらして、この世間に生きる人間の生活に重要な問題が潜んでいることを指摘しています。その指摘の内容はさまざまですが、うずれの経典も、われわれの人生観・世界観の見直しを迫っています。
 多くの経典の中で、『涅槃経』は、釈尊の入滅(臨終)の直前の教説であるという構想のもとに、仏教の一つの結論というべき教えを説き示している経典です。
 この経は、特定の宗派の主たるよりどころになったことはありませんが、中国・日本を通じて、各宗の祖師方が深い関心を寄せてこられた経典です。そして、それぞれの思想形成に重要な影響を与えてきた経典なのです。
 『涅槃経』は大部な経典ですが、その重要な部分、また古来注目されてきた部分を選んで、少しずつ読み進めてゆきたいと思います。(古田和弘)

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩