Q.お寺から「報恩講」という行事の案内が届きました。報恩講とはどんな行事ですか? | 浄土真宗|東本願寺真宗会館-公式サイト

よくあるご相談

Q.お寺から「報恩講」という行事の案内が届きました。報恩講とはどんな行事ですか?

A.親鸞聖人の祥月命日の前後につとめる法要のことです。

浄土真宗の門徒(信仰者)が1年間で最も大切にする仏事です。
京都の東本願寺(真宗本廟)では毎年11月21日から28日まで勤められますし、全国の真宗大谷派の別院や寺院でも年に一度、日時を定めて勤められています。

“報恩講とは何か”を訪ねるキーワードに「11月28日」があります。
この日は宗祖親鸞聖人の祥月命日にあたります。親鸞聖人が亡くなられた日に仏法を聴く集いを開いて、自らの信仰を確かめ学び直そうという人たちが集まりました。この集いを「講」といいます。その源を訪ねれば、親鸞聖人自身が、師・法然上人のご命日に人々と寄り合い、仏法を聴き、お勤めをし、語り合っておられたことにあるといえます。

第2のキーワードは「報恩」です。恩に報いる、恩を報らせるとも読みましょう。私たちが生きていくうえには親の恩や師の恩など、いろいろなご恩があります。それぞれ大切なことですが、報恩講の恩は、私たちを救ってくださる仏さま(如来大悲)、そして私たちに先だって生きていかれた方々の勧めによって念仏の教えに遇い、一人ひとりが生きる依り処を教えていただいたご恩のことです。
そのご恩に報い、先達の後に続いて、いつのどこの誰にでもかけられた仏さまからの「本当の願い」を共に聞いてまいりましょうという願いが、報恩講という仏事には託されているのです。

満堂の御影堂(京都・東本願寺)

満堂の御影堂(京都・東本願寺)

 如来大悲の恩徳は
 身を粉にしても報ずべし
 師主知識の恩徳も
 骨をくだきても謝すべし (『正象末和讃』親鸞)

 

報恩講は本山や寺だけでのみ勤められる仏事ではなく、ご家庭でも勤められる仏事です。年に一度です。住職を招き、お内仏の前で家族みんなでお参りしたいものです。