法名って何ですか?そもそも必要なものでしょうか。

仏教徒(仏教の教えに生きるもの)としての名告りで大切なものです。

法名をいただくことは、自身が仏・法・僧(僧伽)という三宝を依り処にし、お釈迦様の弟子として生きていく名告り(誓い)をすることを意味します。ですから、一般的に法名は亡くなった方の名前だと理解されることが多いのですが、本来は生前中にいただくべきものであるのです。法名をいただきたい方は、お手次(ご縁ある)のご寺院又は真宗会館にご相談ください。

 

法名