お焼香の際は、お香を何回入れるのですか?

お香は二度入れてください。

Q3

法事や葬儀の際、焼香のご案内がございます。焼香の作法は宗派によって異なりますので、ご自身が信仰されている宗派の作法にしたがって行ってください。真宗大谷派(東本願寺)では次のような作法で焼香をいたします。

①仏前に進み、ご本尊を仰ぎ見ます。※この時は合掌はしなくても結構です

②焼香は二回です。香盒(お香の入れ物)から右手でお香をつまんで香炉に入れてください。
 その際に、つまんだ右手を額に当てる(押しいただく)ことはしなくて結構です。

③入れ終わったら、乱れた香盒のお香を右手の指の平で均したあと合掌し、念仏を称えます。

④合掌を解き、頭礼します。終わり次第、もとの席にお戻りください。