【第12回親鸞フォーラム】社会×共育×仏教

講座案内

親鸞フォーラム

[親鸞フォーラム第12回]

社会×共育×仏教
―育つ力、育む力―

パネリスト

齋藤 孝氏(教育学者、明治大学文学部教授)
小島 慶子氏(タレント、エッセイスト)
一楽 真氏(大谷大学教授)

コーディネーター

本明 義樹氏(真宗大谷派 教学研究所研究員)

親鸞フォーラム第12回

講座詳細

他者を許すことができず、過剰ともいえる批判や怒りが蔓延する“不寛容社会”。私たちは何時の時代も互いに傷つけ合うことから、離れることが出来ないのは何故なのだろう。私たちが培ってきた社会の中で、私たち自身が疎外され苦しんでいる。 家庭におけるコミュニケーションの不足や教育力の低下が指摘され、学校教育の現場では不登校やいじめが顕在化し続けている。さらに会社や組織においても、パワハラ・セクハラといった様々なハラスメントが横行する現代において、共に育ち、育まれることはいかにして成り立つのだろうか。

 

「一人一人の尊厳」という本来あるべき人間の姿が、あらゆる場所で失われつつある。そこには優劣にとらわれた意識や、すべてを階層化・数値化・固定化してしまう私たちの価値観が、自己と他者のつながりを破綻へと導き、さらに血縁・地縁・社縁という共に生きるという基本的関係性が、時代の移り変わりの中で急速に薄れ、血の通わない競争原理のみが幅をきかせている。つまり個としての強さばかりが求められるなかで、自己意識が肥大化し他者への無関心が広がり、人と人のつながりの中で周りから育てられ支えられていることが見えなくなっている。 本来、自己と他者の関係性が基盤となった人間の生活において、互いの存在を認め合い、人が人として育っていくことが、私たち現代人の最も重要な課題である。しかし個も組織も、その人間のいのちの本来性に背きながら、自己利益、つまり生き残るために生きるということに、何の疑いもなく生活しているのも、また私たちの事実でもある。

 

このたびの親鸞フォーラムでは、あらゆる対立を超えて自他平等の救いを説く大乗仏教の根本精神、そして親鸞の同朋(どうぼう)という地平を課題としながら、有識者と仏教者の対話を手がかりに、共に生きることを阻害し、苦しみの世界を生み出してしまう人間のあり方を改めて問い直し、共に育ち育まれていくということについて、聴講者の皆さんと一緒に尋ねていきたい。

 

 

 

テーマ 社会×共育×仏教育つ力、育む力
パネリスト

齋藤孝

齋藤 孝氏(教育学者、明治大学文学部教授)

1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学院教育学研究科博士課程を経て現職。『声に出して読みたい日本語』(草思社)がシリーズ260万部のベストセラーになり日本語ブームをつくった。著書に『声に出して読みたい親鸞』『声に出して読みたい日本語 音読テキスト③歎異抄』(草思社)等多数。著書累計出版部数は1000万部を超える。NHKEテレ「にほんごであそぼ」総合指導。TBSテレビ系「情報7days ニュースキャスター」等テレビ出演多数。「ひとりふたり」(法藏館)で“声に出して読みたい歎異抄”連載中。

パネリスト

小島慶子

小島 慶子氏(タレント、エッセイスト)

1972年生まれ。学習院大学法学部を卒業後、1995年にアナウンサーとしてTBSに入社。テレビ、ラジオに出演し、99年ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞受賞。 2010年に退社後は、タレント、エッセイストとして活動している。 主な著書に『気の持ちようの幸福論』『女たちの和平交渉』『失敗礼賛』『解縛』『大黒柱マザー』『不自由な男たち』(田中俊之氏との共著)、新著に『これからの家族の話をしよう~わたしの場合』など多数。『わたしの神様』など小説も手掛ける。

パネリスト

一楽真

一楽 真氏(大谷大学教授)

1957年石川県生まれ。大谷大学文学部真宗学科卒業。同大学大学院文学研究科博士課程満期退学。現在、大谷大学教授。真宗大谷派宗圓寺住職。文学修士。主な著書に『四十八願概説-法蔵菩薩の願いに聞く-』『親鸞聖人に学ぶ-真宗入門』『日本人のこころの言葉-蓮如』など多数。

コーディネーター

本明 義樹本明 義樹氏(真宗大谷派 教学研究所研究員)

1972年京都府生まれ。京都教育大学教育学部卒業。大谷大学大学院博士後期課程満期退学。大谷大学聖教編纂室にて坂東本『教行信証』等の翻刻事業に従事する。現在、真宗大谷派教学研究所研究員。真宗大谷派專光寺住職。文学博士。論文に「親鸞における本願力回向開顕の意義―坂東本『教行信証』を精読して―」など多数。

会場

丸ビルホール&コンファレンススクエア【ホール】
〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7・8階

交通 ・JR東京駅 丸の内南口…徒歩1分・丸ノ内線「東京駅」地下道経由…直結

・千代田線「二重橋前駅」…直結

参加費 2,000円(事前申込による聴講券が必要)
定員 400人 ※抽選の上、当選の結果は発送をもってかえさせていただきます。
開催日時 2017年3月19日(日)
13:20-16:30(12:30開場)
主催 真宗大谷派(東本願寺)真宗会館  後援/大谷大学
申し込み方法 E-mail・電話・FAX・ハガキにてお申込みの場合は必要事項(氏名・住所・電話番号・参加人数※1団体2名まで)を記入の上、下記申込先にお知らせください。

〒177-0032東京都練馬区谷原1-3-7
真宗大谷派(東本願寺)真宗会館
「親鸞フォーラム」係

TEL 03-5393-0810
FAX 03-5393-0814

※ご応募でいただいた個人情報は、東本願寺の講演会の案内に限り使用させていただきます。

【申込締切】2017年3月5日(日)必着

※本シンポジウムは開催を終了いたしました

申し込みはこちら

親鸞フォーラム

親鸞フォーラム第12回

社会×共育×仏教 ―育つ力、育む力― パネリスト 齋藤 孝氏(教育学者、明治大学文学部教授) 小島 慶子…

親鸞フォーラム第11回

格差社会×仏教 人間の闇と希望 パネリスト浜 矩子 氏(経済学者) 湯浅 誠 氏(社会活動家) 木越 康 氏(大谷…

親鸞フォーラム第10回

人間×未来×仏教 私たちはどこに向かっているのかパネリスト古市 憲寿氏(社会学者) 森 達也 氏(映画監督) 真城…

親鸞フォーラム第9回

生×死×仏教 私たちに力をあたえるときパネリスト徳永 進 氏(医師) 天童 荒太 氏(作家) 安冨 信哉 氏(真宗…

親鸞フォーラム第8回

震災×経済×仏教 私たちは今、何を問われているのかパネリスト高橋源一郎氏(作家) 鷲田清一氏(哲学家・大谷大学教授…

親鸞フォーラム第7回

今、〈ここ〉で生きる あなたの居場所はどこですか パネリスト 尾木 直樹 氏(教育評論家) 中島 岳志…

親鸞フォーラム第6回

第1部:講演親鸞 いまを生きる幸福の追求と苦悩の時代 姜 尚中 氏(東京大学大学院教授)第2部:パネルディスカッシ…

親鸞フォーラム第5回

今、人間を見つめる。 仏教と生命いのちのゆくえパネリスト養老 孟司 氏(解剖学者・東京大学名誉教授) 福岡 伸一 …

親鸞フォーラム第4回

今、人間を見つめる。人間・生と死をみつめる 今を生ききるために パネリスト鳥越 俊太郎(ジャーナリスト)…

親鸞フォーラム第3回

今、人間を見つめる。人間・生と死をみつめる 人間、存在の大地を求めて パネリスト 宮崎 哲弥(評論家) …

親鸞フォーラム第2回

人間・罪を生きる 「死刑」と「裁判員制度」を考えるパネリスト大谷 昭宏(ジャーナリスト) 森 達也(映画監督・作家…

親鸞フォーラム第1回

第1部:講演五木寛之(作家) 「人間親鸞のすがた」第2部:パネルディスカッションパネリスト姜 尚中(東京大学大学院…

エリアから探す

エリアから探す さいたま 大人の寺子屋 池袋 仏教学 本郷 新宿 秋葉原 湾岸 横浜 丸の内 多摩