仏教学入門講座

仏教学入門講座[全4回]

仏陀ゴータマ(お釈迦様)は何不自由ない暮らしをしていた王子でした。しかしある日、老病死の苦を目の当たりにしました。
そのとき、自らの生きる意味が問われ、本当の豊かさとは何かを求め、これまでの裕福な暮らしを捨てて出家しました。
出家してお釈迦様は一体何に目覚めたのでしょう。
本当の豊かさとは何か、生きる意味、人生とは何か、私たち人間の根源的な問いをたずねていきます。
私たちの人生の中では、どうすることもできない理不尽な苦にであうこともあります。
今、そしてこれからの人生を歩むにあたって仏教は私たちのよりどころとなります。

仏教をはじめて学ぶ方におすすめの講座です。

こんな方にオススメの講座です

  • 仏教の歴史的経緯と 仏陀の目覚めを学びます。

    仏教の歴史的経緯と 仏陀の目覚めを学びます。

  • 学問的に仏教を根本から 学びたいというご要望にお応えします。

    学問的に仏教を根本から 学びたいというご要望にお応えします。

  • 仏教の言葉を手がかりに、 今を生きる私について考えます。

    仏教の言葉を手がかりに、 今を生きる私について考えます。

講座詳細

仏教学入門講座

講師 宮下 晴輝(大谷大学名誉教授)
テーマ

仏陀ゴータマ(お釈迦様)は何に目覚めたのか

参加費

4,000円 (全4回分)(事前入金制)

開催日時

日程(火曜日/全4回/20:00~21:30)

①:2022年8月23日(火)
仏陀ゴータマとは誰のことか ─ 仏陀が出現した時代社会をたずねる

②:2022年9月6日(火)
仏陀ゴータマはなぜ出家したのか
 ─ 青年ゴータマが当面した問題をたずねる

③:2022年9月20日(火)
青年ゴータマはどのようにして仏陀になったのか
─ 青年ゴータマはいかにして問題を解いたのかをたずねる

④:2022年10月4日(火)
仏陀になったゴータマ ─ 仏陀の説法から仏陀の目覚めをたずねる

 

形式

Zoom

講師メッセージ

 

お釈迦様は生老病死の苦にであい、なぜ人は不安を感じ、悩み、悲しみ、また他人と争うのかと問われました。ここに仏教の問いがあります。そして仏陀になって、どうすれば苦を超えることができるのかを説かれたのです。

この講座では、仏陀の目覚めとはいったいどういうものだったのか、根本のところまでさかのぼって、基本事項を確かめながら、たずねていきます。

今もなお伝統されている仏教の教えから本当の豊かさとは何か、生きるとは何かを学ぶ時間として、ご一緒に仏陀の目覚めをたずねてみませんか。

(宮下晴輝)

申し込みはこちら

講師 プロフィール

宮下 晴輝

宮下 晴輝(大谷大学名誉教授)

1949年石川県生まれ。金沢大学法文学部卒業。大谷専修学院卒業。
大谷大学大学院文学研究科博士課程満期退学。現在、真宗大谷派教学研究所長。大谷大学名誉教授。

専門は古代インドの仏教思想。著書に『はじめての仏教学』『摂大乗論第十章彼果智分の考究』
編著に『仏教とキリスト教の対話Ⅱ』、主な論文に『仏土に生まれる―大乗経典端緒の文脈―』など多数。

仏教学入門講座