2019年05月14日

Category 親鸞フォーラム

AI×ゴリラ×仏教―人間とは何か(2)

2018 年4 月21 日(土)、丸ビルホール&コンファレンススクエア(東京都千代田区)を会場に「親鸞フォーラム―親鸞仏教が開く世界」が開催されました。
本抄録は「AI× ゴリラ× 仏教-人間とは何か―」をテーマに行われたシンポジウムの内容です。

人工知能は未来の経済、社会をどう変えるか

井上 今日は、「人工知能は未来の経済、社会をどう変えるか」というテーマでお話しさせていただきます。山極先生が人間の過去についてお話くださったので、今度は未来ということになります。

 まずは人工知能とは何かというお話をしたいんですが、これは一言で言うと、知的な処理を行うことができるソフトウェアということです。ただ私は、かなり幅広くこの人工知能というものを捉えています。AI研究者の中には、自立的な判断や意志決定ができるものがAIであるとか、あるいは人間並みに賢くないと人工知能とは呼べないという人まで様々です。私としては幅広く、IT、つまり情報技術の中で比較的賢いものがAI、人工知能であると考えてもらったらいいのではないかと思っています。

 

※イ・セドル…韓国の囲碁棋士。数多くの国際棋戦の優勝回数を誇る。
※柯潔…中国の囲碁棋士。ニックネームは「大帝」。

 

 

人工知能が人間に勝ったからといって、AIが人間の知性を上回っているということにはなりません。

 例えばスマートフォンには、自分の声で命令すると、その命令に応じて何かをやってくれるような、そういうアプリケーションが入っていますが、こういうものが私たちの一番身近にある人工知能です。あとはセルフドライビングカー、自動運転車ですね。これは、人工知能が車をコントロールして、人間が運転しなくても自動的に目的地まで行くような車です。2020年代前半に、トヨタが市場に投入すると言っていますので、もうすぐ一般的に買えるようになってくるかと思います。今、高齢化で車を運転するのが難しいという人が増えてくる状況で、東京の人は他の交通機関がありますが、地方の人にとっては、これは欠かせない足になってくるかと思うので、これが早く普及するということが望まれています。

 ご存じの人も多いと思うんですが、2016年の3月に、アルファ碁という囲碁のAIが、イ・セドル(※)を4勝1敗で下しました。2017年にも中国人の柯潔(※)というチャンピオンを下して、もう囲碁の分野では、人間は人工知能に全然勝てないという状況になっています。ただ、囲碁とか将棋のようなゲームと、人間の暮らしている現実社会というのは複雑さが違いますので、ゲームで人工知能が人間に勝ったからといって、AIが人間の知性を上回っているということにはなりません。でも、将来的にはどうなるか分からない状況です。

 フィンテック(fintech)という言葉があります。ファイナンス(finance)とテクノロジー(technology)の二つの用語をくっつけたもので、金融のIT化ということです。いま特に銀行のIT化、AI化がどんどん進んでいます。去年の秋ぐらいから、例えばみずほ銀行さんは、1万9千人の行員を10年間かけて削減するということを言っていて、いよいよ銀行は人を減らし始めているという状況です。

 2030年ぐらいになると、汎用人工知能というものが出現すると一部で言われています。この汎用AIは、人間同様に、様々な状況で知性をはたらかすことのできるAIですが、まだ研究は数年前に始まったばかりという状況です。今ある人工知能は、特化型人工知能と呼ばれます。囲碁のAIだったら囲碁しかできないように、それぞれの目的に特化された人工知能でしかないのです。それに対して人間は、いわば汎用的な知性を持っていて、一人の人間が囲碁もできるし将棋もできるし、人とおしゃべりもできれば、事務作業もできるというふうに、いろんなことができる。これが人間の一つの特性であると言えるんです。そういう、人間と同じような人工知能をつくりたいということがAI研究者の夢なのです。それがいよいよ可能になってきているということで、いま世界的に汎用人工知能の開発競争が起こっているのです。

 もう少し分かりやすく言うと、この汎用人工知能がロボットに組み込まれると、ドラえもんとか鉄腕アトムみたいになるというようなことですね。そのロボットに対して、人間が「あれをやってくれ、これをやってくれ」と言ったら、いろんな仕事、作業をやってくれるかもしれないということです。これは未来のことなので私も分からないのですが、もし2030年にそんなに人間に近いものが出現したならば、もうその汎用人工知能、ロボットに仕事を任せればいいので、人間はあまりやることがなくなってしまうのではないかと、私は考えています。

 ですが、人間に残る仕事もあると思っています。なぜなら、汎用AIをつくっても、人間の脳を丸々コピーするわけではありません。人間は自分自身にすらまだ分からないような、潜在的な感性や感覚や欲望を持っていて、私たちは仕事をするときに、そういう感性を生かして仕事をしているのです。そういうものは人工知能では補えない。創作活動などもそうです。例えば背中がかゆいという気持ちを人工知能が持てるのかどうか。それだけ理解をしたとしても、どうかゆいのか、どう掻けばかゆみが取れるのか。そういうことは人間にはある程度分かるわけですけれども、それをAIやロボットに、完全に人間とそっくりな感性を備え付けさせるのは、全脳アーキテクチャのアプローチで汎用人工知能をつくっても難しい。

 ただ、こういった感性を使う仕事に誰もが就けるわけではない。例えば音楽に関して言うと、すでに作曲する知能はこの世に存在していて、AIが作曲した曲よりも下手な作曲家は失業してしまうということにもなりかねない。2030年くらいから、少しずつですけれども人間の仕事は減っていく可能性があると思っています。

そもそも人間はそれほど自立して生きているわけではない

 仕事がないと食べていけないという不安がありますが、では何のために人工知能を私たちの社会に導入するのか。もし人工知能に仕事を奪われても、ちゃんと暮らしていけるような社会にしなければいけない。それで今、ベーシックインカムというものが注目されています。これは社会保障制度なんですが、最低限生活に必要なお金を政府が配る。例えば月に7万円あると、東京では難しいけれども、地方だったらぎりぎり生活できる。今の経済状況だったら7万円ぐらいしか給付できないだろうけど、もっと人工知能が発達して、AIロボットが自動的にどんどん物をつくってくれる世の中になったら、お金ももっと増やしていいでしょう。

 そのような人頼みで、政府に頼って生活していくような暮らしでいいのかと思う人もいるかもしれません。でも私は、そもそも人間はそれほど自立して生きているわけではないと思っているのです。例えば自然の恵みであるとか、過去の文化遺産であったり、あるいは公共のインフラというものを使って暮らしているわけです。完全に自立して生活をしている人は、森の奥で自給自足をしている人以外にはほとんどあり得ないのではないか。誰もがやっぱり他人の力を借りて生きているわけで、特にベーシックインカムをもらって生活することに対して、我々はそんなに卑下することはないと思っています。

 そうしてやってくる社会を、私は脱労働社会と名付けています。もし2030年に汎用人工知能ができればの話ですが、全人口の1割ぐらいしか働いていない社会が来るかもしれない。今でも全人口の半分ぐらいしか働いていないけれども、それが1割くらいになってしまうような社会が、早くて2045年、遅くて2060年に出現していてもおかしくはないと思っています。ではそういう社会が、果たして活力ある社会になり得るか。私はなると思っています。例えば古代ギリシャは、アテネならアテネ市民は、基本的には労働をせずに、奴隷が労働の仕事をしていましたと。自分たちは芸術とか哲学とかスポーツに興じていたわけですけれども、そういう社会になると考えてもらえればいいかと思います。古代ギリシャにおける奴隷がAI、ロボットに置き換わるというようなイメージで考えていただければ、我々はもっとクリエイティブなことや、スポーツのような楽しいことに興じることができるようになると思っています。

至高性というのは、役に立つか否かに関わらず価値のあること。

 労働は人間にとって大事だと思う人も多いと思います。でも実はそうでもなくて、例えばハンナ・アーレントというドイツの哲学者が言っているのですが、古代ギリシャでは、最低の地位に労働があって、それが中世、近世、近代に至るに従って、徐々に高められてきたという歴史があります。もっと言ってしまうと、労働は人間の本質ではないと思っています。特に私たちは労働しないといけないという強迫観念に駆られて生きています。歴史を振り返ってみると、勤労道徳、労働しなければいけないという道徳観は、特にヨーロッパでは拷問によってつくられた歴史があります。例えばオランダでは、怠け者は地下牢に閉じ込められ、水を注ぎ込まれた。そんな大掛かりな仕掛けまでつくって怠け者を労働に駆り立てたという歴史がある。日本でも明治政府がかなり上から植え付けるかたちで、勤労道徳をわれわれは持つに至ったという歴史があります。

 私はもちろん生活に必要だったら働けばいいし、仕事が楽しいならばそれをやってもいいと思っています。でも、お金持ちの子どもが遊んで一生暮らしていても、それはそれで構わないと思っています。けしからんと思う人も多いかもしれませんが、必要もないのに働かないといけないという強迫観念は、もう捨て去ってもいいのではないかと思っております。社会貢献をすることは素晴らしいけれど、それをしなくてもいいという考え方も、一方で大切だと思うのです。例えばもし消防士さんが、自分が活躍するためには火事が必要だと考えるなら、それはおかしいですよね。自分が活躍できないというもどかしさは人間なので当然あると思うのですが、それはそこまで尊ぶべきことではないと思います。

 それに関連して、フランスの小説家で哲学者のバタイユが、20世紀の初めぐらいに「有用性から至高性へ」という価値観の転換を主張しました。有用性とは役に立つということですけれども、我々は資本主義の経済で暮らしていて、役に立つことに価値を置き過ぎる傾向があるのです。例えば赤ワインを飲むのに、ポリフェノールがたっぷりで健康によいなんてことを考えてしまう。でもそれは、美味しいから飲む、でいいとも思うわけです。そちらの方が至高性に近いのです。至高性というのは、役に立つか否かに関わらず価値のあること。それが真の価値を持つということなんです。

 そのように役に立つことの重要さはこれから失われていく。なぜなら役に立つことは、AIやロボットがやるようになるのだから、わざわざ人間が役に立つことにアイデンティティを感じる必要がなくなってしまうということなんです。だから役に立つかどうかは分からないけれど、価値のあることを見いだしていかないといけない。それが何なのかは、それぞれの人が考えればいいと思っています。もしかしたら、その手掛かりが仏教にあるかもしれないと、私は思っています。

 最後に、バタイユと同時代のイギリスの経済学者であるケインズの言葉を紹介して終わります。これは1930年にケインズが100年後の未来を予測して述べた言葉です。「我々は、この時間この一日の高潔で上手な過ごし方を教示してくれることができる人。物事のなかに直接の喜びを見いだすことができる人。汗して働くことも紡ぐこともしない、野のユリのような人を尊敬するようになる」。ケインズとバタイユはまったく接点はないんですが、至高性の時代が2030年ぐらいには到来すると予想しています。私も、そんな未来がいよいよやってくるのではないかと思っています。

 

 

井上 智洋氏(いのうえ・ともひろ)

経済学者

駒澤大学経済学部准教授。慶應義塾大学環境情報学部卒業。IT 企業勤務を経てから早稲田大学大学院経済学研究科に入学し、2011 年に同大学で博士号を取得。2012 年から3 年間、早稲田大学政治経済学部助教を務めた後、2015 年に駒澤大学経済学部講師に就任。2017 年4 月より現職。専門はマクロ経済学。AI社会論研究会共同発起人。主な著書に、『新しいJava の教科書』(ソフトバンククリエイティブ)『人工知能と経済の未来 2030 年雇用大崩壊』(文藝春秋)『ヘリコプターマネー』(日本経済新聞出版社)『人工超知能』(秀和システム)など。

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket