2019年05月24日

Category インタビュー

「森三中になりたい! 」と、 娘が言った

お笑いタレント
村上 知子さん

 

人気お笑いトリオ森三中のメンバーである。結成して20年。体を張ったむちゃぶりで、お茶の間の人気者に。28歳で結婚して、5歳の娘がいて、お母さんをやりながら、仕事も楽しい。今が一番だと思う。

 村上知子さんはじめ森三中の好感度が高いのは気取らないところだろう。
 学校では目立つタイプではなく、地味めだったという。

 お笑いは見るのは大好きだったんですね。高校を卒業するとき、大学に行って勉強もあまりしたくないし、そのまま就職するのもどうかなと思ったんです。銀座七丁目劇場に友だちと行ったときに、パンフレットがあって、興味本位で吉本の養成所に入ったんです。

 養成所のころに森三中を組みまして、与えてもらった仕事を一生懸命やって20年たちました。私たちが出てきたころは、女性芸人は少なかったんです。10年目くらいから徐々に増えてきました。自分がこういうキャラクターだということも、自分で発見したのではなく、周りから「村上ってこうだよね」と言われて気づかされたんですね。いじられキャラというか。

 そういうことになったきっかけは、2、3年目くらいで出演した体を張る番組でした。女の子同士なのにバックファイアーといって、ポシェットで殴り合う。自分では向いていないと思っていても、仕事
としてやってみたら面白いと言われた。結果的に『世界の果てまでイッテQ!』とかで体を張って、大島さんがメインで激しいことをやっていますけど、そういう方向に行ったのは、そこで出会ったスタッ
フさんや先輩芸人の影響かなと思います。

 

 娘のつばきちゃんも5歳になった。ネットの『ムーさんの子育て日記』も好評だ。将来のなりたいものが「ピーマン」「はさみ」だったのが、「森三中になりたい」と言うようになった。初めて一人でおつかいにいく子どもたちの奮闘ぶりを描くテレビ番組『はじめてのおつかい』に挑戦した。

去年の夏でした。娘が年中さんのときで、上にはお姉ちゃんがいるし、下には妹分、弟分みたいな感じで年少さんがいて。結構お姉さん気質で頑張り屋だったので、挑戦するにはちょうどいいタイミングだなと思っていました。

 ピーマンの肉詰めパーティーをしようということで、ピーマンとトマトと油揚げと結構たくさん頼んだんです。途中で「お母さんに会いたい」と言って帰ってきたり、はらはらドキドキで、独り言とか言っているのを見て、私がいないところではこんなこと考えているのかって思って感激したんです。

 出産してからはなるべく仕事は昼間にしてもらったり、幼稚園の時間に間に合うようにしてもらっています。番組の収録で海外に行くときは、夫や実家の母や周りの方に助けてもらっています。毎日、月曜から金曜まで働いているお母さんのほうがすごいなと思いますね。

 家庭はお母さんが笑っていないと回らないと思うんですね。お母さんが笑顔でいてくれたら、家族みんなが笑える。お母さんだからこそ、笑ってほしいなと思いますね。

 

 

 

Information

▼ミキハウス「森三中・ムーさんの子育て日記」
https://baby.mikihouse.co.jp/information/musan-diary
月に1回、写真とともに子育ての様子を更新しております。

▼森三中公式Instagram
@ morisanchustaff
森三中スタッフが3人の日々の仕事の様子を投稿中!
ぜひご登録をお願い致します。

 

 

むらかみ・ともこ 1980年、横浜市生まれ。橘女子高等学校卒業。吉本総合芸能学院4期生。日本のお笑いタレント、女優。黒沢かずこ、大島美幸と女性お笑いトリオ森三中を組む。担当はツッコミ。立ち位置は真ん中。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』『晴れ、ときどきファーム』などのバラエティーやテレビドラマ、映画で活躍。

 

撮影:児玉成一

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket