2019年12月28日

Category

「行ってらっしゃい」と 「お帰りなさい」のあいだ

 声優・劇作家
佐久間 レイさん

アニメーションやCM、ナレーションの声優としての活動を続けながら、ここ数年は年間数十本もの講演会や物語の執筆、学生への講義、子どもたちへの絵本の語りを通して、いのちを生き生きと生きるための「心のストレッチ」を伝えている。

子育て、離婚、シングルマザーと、強くなろうとして折れそうになった。今は、強くなくても、子どもを守ることができると思っている。

 私は「道しるべさん」と呼ぶんですけど、私の人生に何人もの道しるべさんが登場するんです。三木たかし先生がご病気で声が出ない状態の時に、「どうして歌わないの。ぼくにもし声があったら、新人歌手でデビューしたい」とおっしゃった。そして「何をいつまでも意固地になっているのか、変わるときなんじゃないの」と言ってくださったんですね。10代の嫌な経験から、ライブもCDも歌手として歌うことも嫌だと思っていました。先生の話を聞いて、ふとそうかもしれないと思ったんですね。自由に、遊び心で歌ってみようと思って、ライブでテレサ・テンさんの歌を歌ったんです。

 「ねばならない」とか、「こうすべきだ」という、私はそういう生き方が割と強かったものですから、それで心も体もずたずたになった経験があって、今ではそれは違うなと思っているんですね。台風の後、丈夫な木が折れて、へなへなな木が残っています。へなへなでいいんじゃないかと思ったんですね。人に優しくというけれども、まず自分を痛めつけたら、それはもう違いますね。だから、しなやかな心で、喜びをもってやらなければ何も実にならないと気づいたんです。

アンパンマンや作者のやなせたかしさんも、佐久間さんにとっての宝物であり、道しるべさんである。

アンパンマンについて自己犠牲という言い方がされますが、先生が私に言ってくださったのは、犠牲じゃないんだ、アンパンマンは幸せなんだ、と。自分の役割に気づき、それを喜んで生きているから幸せだよ、と。そう言われてみると、パンをちぎって食べて、美味しいという誰かの顔を見て、「ぼく胸がほかほかだよ」「ぼくはこのために生まれたんだね」と言っているんですね。だから自分の力に気づいて、自分の役割を果たしたときに、人って本当に幸せなんだと思います。

私は31年間バタコさんの声を演じています。バタコさんは少し地味なタイプですが、やなせ先生は「バタコさんは美しい」と仰いました。バタコさんは自分の得意な事でみんなの役に立ち、その生き方に喜びを感じています。シンプルな服なのも、飾る必要が無いからです。きっと、生き方そのものが美しい、と仰ったんだと思います。今はその美しさがよく分かります。そしてバタコさんの役は「行ってらっしゃい」と「お帰りなさい」の役だと。私は若かったので、もうちょっと活躍せんのかい、と思ったんですけど、先生は「行ってらっしゃい」と「お帰りなさい」がすべてで、その間に人生があるのだと。それが一番大事なんだと言ってくださったのが、ずっと胸に残っています。

さくま・れい

1965年、東京都生まれ。85年から声優の仕事を始める。「アンパンマン」のバタコさん、「魔女の宅急便」の黒猫ジジ、「NHKきょうの料理ビギナーズ」高木ハツ江など。09年、40代にして初めてコンサートにチャレンジ。母親仲間からの依頼で始めた茶話会が広がり、歌や朗読劇を交えたコンサート形式の講演会へと発展。ピアニスト佐田詠夢(えむ)さんとのコラボ講演会も好評。

佐久間レイ公式ツイッター
「心のストレッチ講演会」の予定などお知らせしております。ぜひ足をお運びください。

最新記事
カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket