2021年06月10日

Category サンガコラム

鈍麻した心に油を注す

レンズの奥の瞳

イラク北部クルド自治区の首都、アルビルで出会った子どもたち。

 イラク北部クルド自治区。ここには主に、「世界最大の少数民族」とも呼ばれるクルド人たちが居住している。クルド人とは、第一次世界大戦後、オスマン帝国の解体に伴い、列強の恣意的に引いた国境線により分断され、現在は複数の国境にまたがり暮らす人々だ。独自の言語・文化・歴史を持つ集団ではあるが、自分たちの国を持つことは叶わず、それぞれの国で「少数民族」として暮らしている。

 「クルド人が殺されても、世界は見向きもしないんだ」と、現地の友人は語る。これまでにも、イラクのフセイン政権が指揮した化学兵器による殺戮や、トルコ国内での虐殺、イランでの人権侵害、そしてシリアではクルド人を狙った侵略戦争などが起こっており、日本では「戦後」と呼ばれる現在も、平和が訪れる兆しは見えない。

 しかしそんな戦禍の合間にも、人々は毎日を積み重ね、日々を送る。笑い、泣き、友と語り合い、恋をする。そんな人々の日常は、ニュースでは語られず、新聞の一面に載ることもない。でも、だからこそではないだろうか。遠い島国である日本に暮らしていると、今そこで起きている戦争を、「どこか遠い国の戦争」だと捉え、リアルな痛みを感じにくい。これだけ情報が溢れていても、何か大切なものが欠けてしまっているのではないだろうか。

 そんな鈍麻した心に油を注すように、シャッターを切る。目の前にいる人々は、単なる「情報」などではない、それぞれの命を生きる、かけがえのないひとりの人間なのだと。誰もが僕たちと同じように、大切な人々の幸せを願い、平和を求めているのだと。

 

 

佐藤 慧( フォトジャーナリスト/ライター)
1982年岩手県生まれ。NPO法人Dialogue for P e ople(ダイアローグフォーピープル/D4P)所属フォトジャーナリスト、ライター。
同団体の代表。世界を変えるのはシステムではなく人間の精神的な成長であると信じ、紛争、貧困の問題、人間の思想とその可能性を追う。言葉と写真を駆使し、国籍-人種-宗教を超えて、人と人との心の繋がりを探求する。アフリカや中東、東ティモールなどを取材。東日本大震災以降、継続的に被災地の取材も行っている。著書に『しあわせの牛乳』(ポプラ社)、同書で第二回児童文芸ノンフィクション文学賞など受賞。東京都在住。

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket