2021年06月10日

Category インタビュー

今、ここが一番!

ラッパー・ライムスター 宇多丸さん

ラップは「しゃべるような歌」というほどの意味。
黒人の口承文芸を基礎に社会批評や風刺を散りばめる。宇多丸さんは30年以上トップランナーとして日本語でのラップを広め、発信してきた。

 活動初期の日本にはヒップホップ文化やラップが定着しておらず、宇多丸さんは精力的なライブ活動によって道を切り拓いた。

 ラップは1970年代、ニューヨークのブロンクスという当時はもう見捨てられたような半径数キロという極々狭い地域で生まれた、貧しい若者の文化だったんです。それが、いまや全世界の若者、ありとあらゆる地域にその文化が根付いています。日本も例外ではない。社会の格差が目に見えて広がっていくにしたがって、ラップとかヒップホップを必要とする子たちが増えたんですね。

 昔だったら、不良からやくざやアウトローみたいなところにいくしかない子が、まず単純に自己表現の手段を持つことができた。これが面白いところ。「詩を書く」という、不良から一番遠いことをトライするんですよね。自分の暮らしとか、人生とか、そういったことを表現する言葉を持つことで、自己肯定感が上がって、彼らの人生や周りの人の人生を救うっていう効果があったんです。

 たとえば川崎の「BAD HOP」というグループなどは、その最良の一例と言えます。全員が幼なじみで元不良。治安も経済状況も悪くて、本人たちも荒れていた。そのままいけば暴力団か何かに絡めとられていたかもしれない子たちが、武道館や横浜アリーナでライブするまでになった。自分たちでビジネスを回して、地元の若い子たちに示した。アメリカのヒップホップみたいなことが、日本でもごく自然に起こって、さらに定着するようになっていったんですね。

 ラップの面白いところって、格差社会のなかにある貧しい人たちが声をあげるツールという非常に大事な側面があるのと同時に、立場など関係なく共通ルールで闘うことのできること、ある意味スポーツみたいなところがありますよね。

 宇多丸さんは映画評論もするしラジオのパーソナリティーとしても活躍。自分の活動を「述業」とか「述士」とかと言う。自分の言葉で大いに語り、ものの見方を提示する。

 ラップはすごく純粋な詩的表現である以上に、いろいろな情報の集積なんです。そういう意味もあって、ぼくがやっているラップと、ぼくが書いている文章やラジオで話している活動は一直線なんですね。ものの見方さえ面白ければ、どんな時でもどんな場所でも面白いものになる。

 それもヒップホップから学んだことです。貧しくて何も持っていないと言っている子たちが、発想の転換というか、めっちゃすごいかっこいいもの、しかもジャージだけを着てかっこつけるみたいなね。今あるもので何とかしたいというか。だから、あれがないこれがないと無いものねだりして、人生に絶望することは簡単だけど、ちょっとこう視点を落として、ちょっと角度を変えてやったら、今あなたがいるその場所が世界で一番面白い場所になるのではないか、そんな考え方を与えてくれるのがラップなんですね。

 

 

 

<Profile>

らいむすたー・うたまる 

1969年生まれ。東京都出身。
日本を代表するヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」のラッパー。
ラジオ・パーソナリティー。
○近作『MTV Unplugged: RHYMESTER』
 →CD・DVD・BD・各種音楽配信サービスにて
○近著『KING OF STAGE~ライムスターのライブ哲学~』

写真・児玉成一

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket