2021年02月18日

Category インタビュー

狂言は 「ウルトラマン」

狂言師・和泉 元彌さん

 奈良時代に中国から伝来した散楽という芸能が日本に定着し、なまって猿楽となった。室町時代、その猿楽から発展した音楽舞踏劇を「能」と呼び、喜劇的な対話劇を「狂言」と呼ぶようになった

 和泉流の狂言には254の演目があり、日常世界に見え隠れする人間のさまざまな感情を滑稽な動きと会話で笑い飛ばしていく。狂言の懐の深さである。

 狂言は、日本の芸能の原点とも言われますし、長い年月をかけて「笑いの芸術」とも言われるようになったんですね。武家が世の中を支配していた時代は、武士たる者は笑うものじゃない、歯を見せるなんてとんでもないと言われた。そのせいか、悲劇と喜劇を比べると、日本はどうしても喜劇が一段下がって見られることがあるんですね。

 じゃあ、その喜劇的な狂言の芸術性が低いのか、演劇として未熟なのかというと、決してそんなことはない。人が生きていく上で、笑いはとても大切です。能と狂言は夫婦や兄弟のように言われますが、いずれも残ってきたというのは、やはり人の心をしっかりと映しているからだと思います。

 狂言の世界は、神仏や精霊なども多く出てくるんです。山芋の精とか蝉の亡霊とか、自分たちの目に見えない存在も同じ土俵で描かれています。神仏もとても人間くさく描かれていたりする。昔の日本人は、自分たちだけで生きている世の中じゃないんだと思っていた。自分たちの目には見えないものも存在していて、そのおかげでこの世の中ができているということを狂言の演目にして、それを多くの人々に見せ、神仏に奉納していたのです。懐の深さを感じますね。

以前インタビューで、元彌さんは「宗家はウルトラマンみたいなものだ」と語ったことがある。

 ウルトラマンというのは強いという意味ではないんです。少年のときに見ていたウルトラマンって、いつも絶対に同じ姿をしていた。スーツアクターと言われる中の人が変わっても、ウルトラマンはいつも同じウルトラマンです。宗家として変わらぬ姿の狂言を体現していく自分の立場はこれだなと思ったんですね。

 師匠である父の生存中は、父が演じて、教えて下さった。一緒に舞台に立つとき、ぼくは和泉元秀2号でいいと思っていました。それは自分がなくてもいいということではありません。受け継いだ今も自分を出すよりも伝承されてきた「型」を継承することが、伝統芸能である狂言を演じるためには絶対に必要なことだと思うからです。私たちが型を厳しく伝えているのは、変わらぬ心を伝えるためなんです。

 もっとわかり易くするために、600年前の言葉を現代の言葉に変えたらいいじゃないかと思われるかもしれません。でも今の価値観だけで、伝統の型の一つである言葉を変えたがために、100年後に消えている可能性もある。連綿と続く宗家という外見の役割を果たすために、自分がその中に入っているという気持ちが大切なんじゃないかと思います。

 

<Profile>

いずみ・もとや 

1974年、東京都出身。青山学院大学文学部日本文学科卒業。1歳半より父和泉元秀(和泉流十九世宗家・重要無形文化財保持者)の元で狂言の修行が始まり、4歳の時『靫猿』で初舞台。9歳で『三番叟』を、10歳で『奈須与市語』、16歳で『木六駄』、『釣狐』を披く。21歳、和泉流二十世宗家を継承。24歳で一子相伝『狸腹鼓』を初演。近年では最奥秘曲『比丘貞』、『枕物狂』を披き、新たな境地に。

 

コロナ禍の中にあっても、狂言の灯火を消さぬよう、感染予防対策に努め公演を実施するとともに、狂言ファンから初心者まで多くの方に狂言の楽しみに触れてもらえるよう、YouTubeに「和泉流宗家狂言チャンネル」を開設。是非ご覧ください。(「和泉流宗家狂言チャンネル」で検索)

写真・児玉成一

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket