2021年02月18日

Category サンガコラム終活

ラ・マール

老いるについて―野の花診療所の窓から  Vol.58

 新訳の『老人と海』(ヘミングウェイ・高見浩訳・新潮文庫)を読んだ。文庫で約130頁の短編小説。心にいくつかのことが残る。

 老人は84歳漁師サンチアゴ、少年は5歳で老人に漁を教えてもらったマノーリン。場所はメキシコ湾、キューバ・コヒマル。老人は84日間も不漁で、少年は他の舟に乗るよう親に言われている。でも二人の心の絆は強い。

 老人は一人で夜明け海にでる。85日目、大物がかかる。格闘が始まる。魚は舟を沖へと引っ張る。老人は釣れたシイラや飛び魚やマグロを切り身にして食べ、体力を保持する。ロープは手に食い込み、肩に食い込む。手は傷だらけ。手漕ぎ舟の上で足を踏んばり、前へ後ろへと移動する。闘いは一日以上に及ぶ。老人の中に隠れていた老人力がじわりと甦る。魚影が海中に姿を見せる。夜空にリゲル星が光る。死闘は続く。老人は呟く。「あれほどの魚は見たこともない。なのに、やつを殺さにゃならん。だが、あの星たちは、嬉しいことに、殺さなくてもいいのだ」。老人は何度も少年マノーリンのことを思い出す。「あの子がいりゃいいんだが。手伝ってもらえるし、この一部始終を見せてやれよう」。「あいつがいたら、ここで珈琲を一口飲めて、ここでひと眠りできるだろうに」。老人にとって少年は兄弟のようで、友人のようで、恋人のようだ。

 手鉤や銛やナイフで暴れる魚に止めを刺し、舟に縛りつけた。大魚は5.5mのマカジキ。このまま無事に浜に戻れたら少年も村民も老人を称えたのだが、そうはならなかった。血の匂いを嗅いで何匹ものサメが襲ってきた。成功後にも続く第2の死闘。ほとんどの身を喰いちぎられ、浜に帰った時には、とんがった嘴と尾までの骨がらだけが残った。勝利と敗北が舟に縛られる。海は優しくめっぽうきれい。でも同時に、いきなり冷酷に変わる。老人はそれでも海を「ラ・マール(スペイン語で母なる海)」と呼ぶ。打ちのめされた老人の小屋に、少年は珈琲を届ける。

 貧しい漁師、サンチアゴを支えたものは何か。「仕事」「格闘」「自然」「友」「珈琲」。豊かな国日本の老人の場合、それって何だろう。

 

徳永 進 (医師)
1948年鳥取県生まれ。京都大学医学部卒業。鳥取赤十字病院内科部長を経て、01年、鳥取市内にホスピスケアを行う「野の花診療所」を開設。82年『死の中の笑み』で講談社ノンフィクション賞、92年、地域医療への貢献を認められ第1回若月賞を受賞。著書に、『老いるもよし』『死の文化を豊かに』『「いのち」の現場でとまどう』『看取るあなたへ』など多数。

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket