2020年07月29日

Category インタビュー

憲法って何?

憲法学者・木村草太さん

 日本国憲法ができて73年。憲法は何のためにあるのか。最近、木村さんは小学生向けに本を出した。「遠慮しないで生きるために憲法はある」、「理不尽な強制をする校則は、憲法違反」など、身近な問題から憲法をやさしく教えている。

 憲法は、日々を生きる私たちの味方だと木村さんは言う。私たち一人ひとりのよい生のために、人権を守り、権力をコントロールしているのが憲法である、と。

 憲法の歴史をたどると、今では当たり前に思えることが当たり前ではなかった時代があることがわかります。例えば、国家は国王や皇帝の私物だから、みんなが止めたがっている戦争を続けるために国の財産を使ったり、自分のお気に入りの人物に官職を割り当てたりして何が悪いんだ、という考え方が強く主張されていた時代があったわけです。

 ところが、それは違うのではないか。国家は国民みんなの利益を守るためのものであって、人権を侵害するような国家権力の使い方は許されないのではないか。そんな考え方が発展してきて、それが憲法という形にまとまってきたんですね。そういう意味では、いま私たちが当たり前に考えていることの基礎に、憲法があると言えます。

 国家権力は、①戦争、②人権侵害、③独裁という三つの失敗をしやすい傾向があることから、現代では少なくとも、憲法に、①軍隊・戦争の統制、②人権保障、③権力分立の三つの内容を盛り込むべきだと考えられています。

 憲法は、その国の歴史を反映しています。その国の歴史の中で、強く反省すべきことがあったとき、その反省を盛り込むために、憲法が大きく変わることがあります。 日本の場合は、20世紀前半の侵略の歴史がありました。日本の国民もひどい目に遭いましたが、それ以上に外国の人たちに対して多大な権利侵害をしました。日本国憲法にはその歴史を反映しているので、平和とか、侵略への反省が色濃く出ていると思います。

 憲法を解釈したり、改正を論じたりするときにも、適切な歴史認識をベースにすることが重要です。日本の場合には、過去に侵略を行った事実を意識して、丁寧に考える必要があります。過去の侵略は、反省すべき歴史です。しかし、日本国民は70年以上にわたって、「侵略の反省なんてもうしたくない。憲法9条の戦争放棄を削除し、軍事国家になろう」という選択はしてこなかった。「自分たちは、少なくともあの時代のような侵略は繰り返さないんだ」という誓いを守り続け、国際平和に貢献したことを、私たちは誇ってもいいのではないでしょうか。

 日本国憲法は、男女平等を保障しているが、国の重要な役職に就く女性はいまだ少ない。女性の活躍しやすい社会は、きっと全ての人が活躍しやすい社会につながると言う。

日本はまだまだ男性優位な社会です。企業の重役や政治家を見れば男性ばっかりです。しかし、それは正しい在り方ではない。女性が少ないということは、権力の在り方を確実に歪めますので、女性がいきいきと活躍できるような社会であってほしいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きむら・そうた

1980年、神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学助手を経て、現在、東京都立大学法学部教授。専攻は憲法学。著書に『平等なき平等条項論』『憲法の急所』『憲法の創造力』『テレビが伝えない憲法の話』『憲法という希望』『ほとんど憲法―小学生からの憲法入門―』(上・下)など多数。

 

Information

毎日小学生新聞の連載を、こども向けの憲法入門書として書籍化。

『ほとんど憲法』(上・下)

木村草太 著
定価:各1,650円(税込)

 

 

 

 

 

撮影:児玉成一  

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket