2019年02月14日

Category サンガコラム

「生」「老病死」

老いるについて―野の花診療所の窓から  Vo.45

 人の苦しみを、四個焼きのタコ焼き鉄板のように、「生老病死」という型にはめ込むって、何か違和感があった。「老病死」さえも「苦」として済ましていいのか、という思いもあるが、そのことはひとまず置くとして、「生」についてのことである。

 「生まれる」にしても「生きる」にしても楽しみや喜びである部分も大き
い。何しろ、「ハッピーバースデートゥユー!」なのだし、ランドセルしょって、希望に満ちて未来へと「生きる」んだし。四語の中で一対三の分極
化が生じていると感じた。

 例えば、往診に通っていた96才のNさんの話である。気品あるおじいさん。たばこ病の慢性肺気腫。年々息切れ進み、紙オムツの使用も始まった。超高齢社会の一断面。聞くと、Nさんの奥さんは17年前、胃がんで他界。息子夫婦と孫二人、の合計5人で暮らしていたが、妻他界の翌年、息子のお嫁さんが乳がんで亡くなった。そのころは歩行が可能で何とかスーパーへ買い物に行き、孫を育てながらの苦労な日々。5年後、息子さん再婚でき一息。

 その息子さんが去年、膵がんで亡くなる。Nさん、路頭に迷う。老化は急速に進んだ。食事量の減少、さらなる体重の減少、筋肉量減少。寝返り至難、時々の熱発。ぼくの診療所に入院した。点滴を一本した。「ありがとう」と、柔和な顔。

 思ってみた、Nさんの後半の人生を。妻と、お嫁さんと息子、計3人の「病」と「死」に出遭わねばならなかった。「生」あるゆえ立ち会う苦しみ、悲しみ、がある。考えてみれば、いろんな事件も事故も、災害も戦争も、いじめや虐待も、「生」故に出会う大きな「苦」。「生」は喜びにも満ちるが、見方を変えると苦しみの塊。
 月を思い浮かべた。「生」は光の当たる部分もあって、あとの三語の暗さとは違う。三語は一見、光を見せない闇の新月。「生」は光と闇を半々に持つ半月。ごちゃごちゃと考え込んでいると、分極化していた四文字熟語が、何となく融合していくようにも見えた。

 入院して日後Nさん、他界された。

徳永 進 (とくなが・すすむ)
1948年鳥取県生まれ。京都大学医学部卒業。鳥取赤十字病院内科部長を経て、01年、鳥取市内にホスピスケアを行う「野の花診療所」を開設。82年『死の中の笑み』で講談社ノンフィクション賞、92年、地域医療への貢献を認められ第1回若月賞を受賞。著書に、『老いるもよし』『死の文化を豊かに』『看取るあなたへ』(共著)など多数。

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket