2019年10月16日

Category

ストップ!いじめ

 エッセイスト・作家
荻上 チキさん

小学2年生のとき兵庫県から埼玉県に引っ越してきた。引っ越しの直後、上級生から体育館裏に呼び出され、「おい、関西弁をしゃべってみろ」とからかわれた。長いいじめの始まりだった。NPO「ストップいじめ!ナビ」の代表理事。親や世間の規範という「呪い」から若者たちを解き放ちたい、と思う。

毎日のように学校でいじめにあった小学、中学時代。それでも死なずに義務教育を終えられたのは、この世界にゲームがあったからだという。家に帰って、ゲームをつけてコントローラーを握れば、あとは自由の世界だ。

 いじめの多くは、相手を集団から排除することを目的としていないんですね。排除したらそこでいじめのゲームは終わる。だから相手を集団の最下層で飼い馴らすことを楽しむんです。相手を支配下に置き、笑いの対象にすることで、嗜虐的な快楽を得る。相手が少しでも支配から逃れるようなそぶりを見せたら、それに応じた制裁を加える。

 ぼくは、ゲームとか映画とか漫画とか小説とか、一人で黙々とできる作業のほうが楽しかったし、安全でした。家に帰ればゲームがある。学校はぼくの人生にとってはサブの場所。メインの場所は、家に帰ってコントローラーを握ってから始まる。ゲームのすべてが、当時のぼくにとって教養となり、ゲームの話をすることで人間関係が広がりました。

 やっぱり荷物の降ろし方を知らないということが結構あったりするんですね。子どもの頃から、親にこれ持て、あれ持てと言われたりとか、周りから、お前のものだよと言われたりとか、そういうふうにされた荷物って、やっぱり捨てることができないと思うんです。

 でも、うしろを向いたら、何も載っていなかったりだとか、実は空っぽだったりとか。人と一緒に中身を確認していって、何もないじゃんということもあれば、場合によっては泣き叫ぶこともある。死にたくなることもあるでしょう。でも、死にたくなるくらいにその痛みと向き合っているというのはすごいことなので、死にたいという気持ちは分かるから、死ぬ以外の仕方でいろいろ試していこうかと、そんな荷物降ろしの言葉を提示できたらいいですね。

 

ラジオ番組では、メインパーソナリティーと して活躍している。絶好調だ。

 

ぼくは学ぶことはすごく好きなので、いろいろな世界の国々に行っている研究者の方が、立体的に話をしてくれると、自分では得られない知見に出会える。やっぱりラジオという媒体で、たくさんの方々にお話を聞いて、同時に伝えるということができるというのは、一石三鳥なんです。世直し欲求も満たされるし、お金ももらえるし、勉強にもなる。あともう一つ、その時間は暇ではなくなる。

ぼくはうつ病なので、一日どこかで人とちゃんと話した方がいいという時間が大事なんです。ラジオってあまりストレスがかからないんです。でも緊張するでしょうとか、毎日忙しくて大変でしょうと言われるんだけど、あんまり大変じゃないんです。ゲストによっては緊張する方もなくはないんですけど、ゲストのほうがぼくより緊張しているので、だいたい大丈夫ですね。

おぎうえ・ちき

1981年、兵庫県生まれ。メディア論を中心に、政治経済、社会問題、文化現象まで幅広く論じる。NPO法人ストップいじめ!ナビ代表理事。ラジオ番組『荻上チキ・session‐22』(TBSラジオ)メインパーソナリティー。同番組に2015年度、2016年度ギャラクシー賞を受賞。著書に『彼女たちの売春(ワリキリ)』『いじめを生む教室』『みらいめがね‐それでは息がつまるので』他。

最新記事
カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket