2019年02月14日

Category インタビュー

自由な心になるための ちちんぷいぷい

作家
西 加奈子さん

 

「秘密にしていたけれど」。高校1年のとき、たまたま手にしたトニ・モリスンの小説の冒頭の言葉に衝撃を受けた。白人が定めた価値観を痛烈に問いただす、ノーベル賞作家の鮮烈なデビュー作である。それが作家をめざした最初の一歩だったのかもしれない。

 最新作『おまじない』では、日常のちょっとしたひとことによって人生が変わる瞬間を描いた。

 言葉は、誰でも発することができるし、お金がかかるものでもありません。だけど、その言葉ひとつで目の前の景色や人生が変わる瞬間が、誰にでもあると思います。他の作品でもやってきたつもりでしたが、この作品では特に表現したかったんです。

 この作品のなかには、おじさんが出てくる場面があります。いわゆる社会的な地位があるような方ではなく、ごく普通のおじさんです。そんなおじさんの言葉に元気づけられるということをすごく描いてみたかった。これが若くて見た目の麗しい男の子の言葉だったら、よくある価値観から全く出ていない。そうではなくて、全く違う価値観の人からの一言で世界の広さを知るということ、そういうマジカルな瞬間を今回の主人公である女子たちにも経験してほしかったんです。

母親になった。1歳半の男の子。もう十分に怪物である。両親が自分を自由に生きるように育ててくれたように、わが子へもエールを送る。

 両親からは、個人としてすごく尊重されて育ててもらったと思います。おまえは自分から生んでくれと言ったわけではない。お父さんとお母さんが勝手に産んだんだから、自由に好きにしなさい。ただ人に迷惑をかけてはいけない。自分のやったことに責任を持ちなさい、と。

 私の子どもも、私と夫が望んで産んだ子ですから、こっちの勝手なんですよね。彼からノックしてきたわけではない。だから、彼個人として自由に生きてほしいというのはすごくあります。親孝行はしなくていい。今は私たちがケアしないと育てられない状態ですけど、それはもうそういうものだから、本当に自由でいてほしい。何になってもいい、何をしてくれてもいいです。

 私たち家族以外とどんどん接してほしいし、私たちの意見が100%ではないということを言い続けたい。海外にも行ってほしい。国際的な人間になってほしいというよりは、とにかく日本が全てではないということを知ってほしいですね。

 1年の夏休みから4年の終わりまでエジプトだった。思春期の始まるころに日本へ帰ってきた。母の生まれた大阪だった。

 日本に帰ってきて、学校に行ったんですけど、最初はすごく戸惑いました。でもそのときに、エジプトで仲がよかった子とずっと文通していたんです。それがすごく大きくて、この世界、このクラス、5年何組が全てじゃないということが肌感覚で分かっていたので、なんぼでも逃げ道があったんですね。

 母が大阪出身で、海外出張でも大阪弁で通して、人気者だったんです。私にも友だちみたいで、大人だから偉いみたいなことは一度もなかった。自慢の母です。大阪には新喜劇があります。寛平さんとかメダカさん。大人がこんだけふざけていいんだというね。今でもファンです。チャーリー浜さんもいいですね。「君たちがいてボクがいる」。すばらしい言葉ですよね。すごくいい環境だったと思います。

 

 

Information

 

 

『おまじない』
(筑摩書房)
1,300円(税別)

 

 

 

 

にし・かなこ 1977年、イラン・テヘラン生まれ。小学1年から5年までエジプト・カイロで育ち、それ以降は大阪府育ち。2004年、『あおい』で小説家デビュー。05年、『さくら』が20万部を超えるベストセラーに。15年、『サラバ』で直木賞受賞。主な作品に、『通天閣』『ふくわらい』『まく子』『きいろいゾウ』『おまじない』など多数。

 

撮影:児玉成一

最新記事
関連記事

記事一覧を見る

カテゴリ一覧
タグ一覧
  • twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
  • Pocket